バナー
本文へジャンプ 2007年4月16日 

売買川(うりかりがわ)環境改善


売買川(うりかりがわ)とは・・・

売買川に棲む主な魚

上流に問題あり

魚道によって魚が遡上するようになりました。
しかし、上流側には魚が住む環境がないと考えました。

売買川 改善前
上流環境改善工事前(1997年)

            
そこで、上流側の環境改善に取り組みみました

流れに変化をつける

玉石投入
直線的な川に小規模な水制を設けることで、
蛇行した変化に富んだ流れをつくりました。

ヤナギの植林(水生動物への餌の供給、日陰の提供)

ヤナギ埋枝 
埋枝によるヤナギの植林を行いました。
ヤナギの落ち葉は水生昆虫の餌になり、
木から落ちた虫は魚の餌になります。
また、ヤナギによってできる日陰は魚のすみかになります。

            
自然な川に近づきました

蛇行した流れに、瀬とよどみができました。河畔の植生も回復してきています。

売買川 改善後
河川環境改善後(2000年)