バナー
本文へジャンプ 2018年3月30日 

札内川 光南水辺の楽校の改善

 十勝河川協力団体連絡会(NPO法人 帯広NPO28サポートセンター、十勝川中流部市民協働会議、NPO法人 十勝多自然ネット)が主体となって、2016年8月の台風10号による増水で被災した札内川 光南水辺の楽校の改善活動を行っています。

光南水辺の楽校とは
 水辺の楽校とは、1996年に始まった、地域住民が中心となって、身近な川を子供たちの遊び場、自然体験の場として活用するプロジェクトです。札内川光南水辺の楽校は札内川のJR橋梁の上流側左岸(帯広市側)にあり、最寄りのあじさい保育園が日常的に利用しています。
 

  2016年8月台風10号による増水後の現地状況
   
  

2016年:流木やごみの撤去
実施日  :2016年11月19日 10:00〜12:00
参加人数:全120名(うち、当会10名)
実施内容:園内の通路を安全に歩けるよう、公園内に流れ着いた流木やごみを撤去(当会より重機提供)
  
  

2017年:植樹、ごみ・流木の撤去
実施日  :2017年10月21日 14:00〜16:00
参加人数:全38名(うち、当会11名)
実施内容:植樹、ごみ・流木の撤去(当会より重機提供)
 

 

2018年:植樹、十勝の川づくりワークショップ
実施日  :2018年10月6日 9:00〜12:00
参加人数:一般参加者122名、運営スタッフ30名(うち、当会5名)
実施内容:植樹、手づくり舟レース、ヤマメ放流

当会も構成メンバーとなった十勝川河川協力団体連合が、「トヨタソーシャルフェス」の協賛を得て参加者を公募して「十勝の川づくりワークショップ」を開催しました。 

植樹 
 
手づくり舟レース
 
ヤマメ放流