バナー
本文へジャンプ 2007年4月16日 

湿地ビオトープの復元


湿地は「生き物のゆりかご」
 湿地は、特別天然記念物のタンチョウをはじめ、減りつづけている湿地性の鳥、魚、トンボ等の昆虫、水草などの重要な生息地です。水草は昆虫や小魚のすみか・産卵場となり、カモ類の餌にもなります。また、そこに集まる魚や昆虫を求めて多くの鳥があつまります。絶滅が危惧されている、ヒシクイ、マガン(いずれも天然記念物)などのガン類や、ヘラシギ、セイタカシギ等のシギ類なども渡りの途中で湿地を利用します。これら長距離を移動する水鳥にとっては、湿地は生命線とも言える重要な中継地です。
 湿地はこれら多様な生物の生息に、なくてはならないものなのです。
ネムロコウホネ
ネムロコウホネ
タンチョウ
タンチョウ
マユタテアカネ
マユタテアカネ

失われる湿地
 湿地は、いわば無駄な土地として耕地化などが行われ続けているため減少の一途をたどっており、明治・大正の頃と比べると、日本全体ですでに60%の湿地が消失したといわれています。十勝川流域もかつては一面が湿地で、蛇行の名残りである三日月湖などの湿地が多数あり、水鳥、トンボ、水草、魚などが豊富に生息していたとおもわれますが、それらの湿地はいまではほとんど残っていません。
 このため、湿地は絶滅が危惧される動植物が集中する場所になっています。どれだけの湿地が十勝川流域から消失したか、1945年と現在の地形図で比べてみてください。
  

湿地保全の取り組み
 たとえばシギやチドリは北極圏で繁殖し、南半球で越冬します。このような長距離を移動する水鳥の保護は、一つの国だけではできません。そこで、国際的な湿地の保全を目指し、1971年にラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)が採択されました(日本は1980年に加盟)。
 また、1993年にラムサール条約会議が釧路で開かれたことを契機に日本でも湿地の重要性が広く認識され、湿地保全の気運が盛り上がりました。

湿地ビオトープ復元の試み
土を取るときに凸凹に掘る (場所は?)
 十勝川の堤防工事のために河川敷から土を取るさい、のちにさまざまな植生が回復するよう、約20ha(1km X 200m)の範囲を凸凹(デコボコ)に掘って地形に変化をつけました。(通常は浅く平らに掘るので一様な環境になります) この工事に多自然ネット参加業者が携わりました。
 2000年12月に工事を終え、その後、植生の回復などの追跡調査が行われました。
造成イメージ

 
回復する湿地
 植生が回復し湿地ビオトープが創出された
 工事によって掘られた凹部には水が溜まり、湿生植物が生育しました。また、トンボをはじめ様々な水生昆虫が生息するほか、渡り鳥のヒシクイが飛来し、タンチョウも採餌に訪れました。
造成直後
工事中(2001年5月)
1年後
1年後(2001年7月)
2年後
2年後(2003年7月)