バナー
本文へジャンプ 2008年4月18日 

売買川(うりかりがわ)とは


場所
売買川は帯広市の南を流れる、札内川の支流です。

十勝平野のほぼ中央に位置する売買川(うりかりがわ)は、帯広市の八千代に源を発して北東に流れ、両側には札内川と帯広川が平行して流れています。途中、広野川、第二売買川、機関庫の川と合流したのち、帯広市稲田町で札内川に注ぐ流域面積65.8ku、流路延長31.8kmの川です。
上流は十勝でも有数の畑作地帯。一方下流の市街地は宅地化が進み、将来は更に住宅地が広がると予想されます。

札内川合合流点より上流約3km地点の第二落差工が魚道の設置箇所(工事箇所)で、
その上流側が「環境改善」実施箇所です。

大きな地図で見る
売買川の名の由来
北海道の多くの地名と同様に、売買(うりかり/ウリカリ)もアイヌ語が元になっています。

ウリカリは、元はウリガレップ、ウレカレフなどといわれ、意味は、とった魚を集めたところ、笹の実をとる、平安の処、などの説があります。