バナー
本文へジャンプ 2008年9月2日 

帯広川・札内川合流点親水公園の生き物


親水公園の親水池の水辺でよく見られる生き物です。

  
ウグイ
ウグイ

ウグイ稚魚の群れ

十勝の川でもっともよく見られる魚のひとつです。
親水池では稚魚・幼魚が群れをなして泳いでいます(厳密にはエゾウグイも混じっているかもしれません)。
イトヨ
巣を守るオスのイトヨ

水草などで巣を作るトゲウオの仲間で、背中に3本、腹に1本のトゲがあります。
親水池で繁殖しています。写真は婚姻色の雄です。胸ビレを動かして巣の中の卵にに新鮮な水を送っています。
メス↓は地味な色をしています。
 イトヨ メス
イバラトミヨ
イバラトミヨ

水草などでゴルフボール大の球形の巣を作る、トゲウオの仲間です。背中のトゲは8〜10本です。
繁殖期には雄は黒い婚姻色に変化します。
婚姻色のオスが見つかることから、イバラトミヨも親水池で繁殖していると思われます。
ジュズカケハゼ
ジュズカケハゼ

全長5cmほどの小さなハゼの仲間。
十勝では水草が生えていて流れが緩やかなところでよく見られます。
                     (参考図書 「十勝の川の生き物たち」(北海道開発局 帯広開発建設部)
                                     (写真提供 アークコーポレーション株式会社)


  このほか、親水公園ではフクドジョウ、ハナカジカ、フナ、コイ、ヤツメウナギの仲間が確認されています。コイは以前に帯広川に放流されたものだと思われます。また、年に1,2度、ニジマスを親水公園に放流して釣り大会が行われているようです。


魚以外の水辺の生き物
  
ミヤマアカネ
ミヤマアカネ

親水池の周りの草むらでよく見られます。羽の帯が特徴のアカネトンボの仲間です。
アオイトトンボ
アオイトトンボ

親水池の周りの草むらでよく見られます。また幼虫(ヤゴ)も親水池で確認されています(2007年8月)。
金属のような光沢があるイトトンボで、翅(はね)を半開きにしてとまるのが特徴です。
オオコオイムシ
オオコオイムシ成虫

タガメの仲間の水生昆虫。オスが背中に卵を背負うので「子負い虫」
北海道レッドデータブックで希少種に指定されています。
親水池では幼体(下写真)が多数、確認されています(2007年8月)
 オオコオイムシ幼体
モノアラガイ
モノアラガイ

淡水産の貝の仲間。タニシとは違いますよ。
石の表面などに付着した藻類や動物の死体を食べます。6月頃から水草や石の表面に透明なゼラチン質の卵塊(らんかい)を産み付けます。
環境省レッドデータブックで準絶滅危惧に指定されています。
                     (参考図書 「十勝の川の生き物たち」(北海道開発局 帯広開発建設部)
                                     (写真提供 アークコーポレーション株式会社)