バナー
本文へジャンプ 2007年4月16日 

活動の経緯


きっかけ
 当会は、2001年から毎年、この公園の清掃活動を行っており(河川清掃活動)、
公園の問題点を知るところとなりました。
 そこで、「皆が利用できる公園に戻そう」を合言葉に、公園の改善に取組むことにしました。
経緯
  改善内容は公開のワークショップやアンケートを通じて広く意見を募りながら検討しました。

月日 内容  
2002年  7月初旬 改善に向けて、当会が主体となって活動開始  
 8月24日 広く参加を呼びかけ、現地ワークショップ開催(30名参加)
 9月25日 ワークショップ参加者を中心に、グラウンドワーク方式の実行委員会を立ち上げ  
104 十勝毎日新聞、北海道新聞を通じ、設計コンペの開催と参加者の公募を発表  
1012 コンペ参加5団体に対し、現地説明会実施  
1115 とかちプラザにて、改善提案発表会(設計コンペ)を開催(80名参加)  
 
発表者(発表順)
 株式会社ズコーシャ
 高野ランドスケープ
 プラニング株式会社
 アークコーポレーション株式会社
 北王コンサルタント株式会社
 
NPO十勝多自然ネット
2003年  1月21日 第2回 ワークショップ開催 (56名参加)
 3月17日 河川管理者である帯広河川事務所長に要望書提出
 要望内容 : 帯広川迂回水路の掘削
 目   的 : 親水池の水位安定と水質改善
 
6〜8月 現地利用者アンケート調査
8月23日 第3回 ワークショップ開催 (28名参加)
11月
22,23日
現地改善作業(当会によるボランティア)
 ◆ 親水公園の土砂除去
 ◆ 水路の多自然化
2004年 10月23日 第4回 ワークショップ開催(19名参加)