バナー
本文へジャンプ 2007年4月16日 

 

帯広川・札内川合流点 親水公園の課題

  
  完成当時(1993年)は市民の憩いの場でしたが・・・

課題その1 −水没−


札内川が運んでくる土砂が帯広川の出口に溜まり、
ダムのようになってしまいました(写真印部)。

           


このため、親水池の水位が上昇し、
東屋など、公園施設が水没してしまいました。


課題その2 −水質悪化−

 
池の水が淀むようになったため、夏には富栄養化が進み、
大量の藻が繁茂するようになりました。


課題その3 -土砂堆積-
 
親水公園は河川敷の中にあるため、大雨で札内川が増水したとき
札内川から水が流れ込み、流木や土砂がたまってしまいました。
これでは公園としては利用できません。