バナー
本文へジャンプ 2007年4月16日 

売買川(うりかりがわ) 魚道設置


売買川(うりかりがわ)とは・・・

売買川に棲む主な魚

魚道設置箇所

設置前
売買川の落差工に着目し、多自然ネットで魚の調査を行ったところ、上流と下流で大きな差がありました。
落差工
魚の遡上をさまたげていた落差工
魚道の設置
そこで、1999年2月6日、河川管理者である「帯広土木現業所」と、「帯広サケの会」、「十勝多自然ネット」の共同で、簡易魚道の設置を行いました。

魚道設置工事
魚道の設置作業 (1999年2月6日)

            


落差工中央に設置された魚道

魚道の効果
魚道設置後、魚道上流側の魚が増え、魚道の効果が認められました


魚道設置前

魚道設置前の調査では、上流にはフクドジョウとウグイがいませんでした。(1998年9月8日)
               

魚道設置後

設置後の調査では、上流側にもフクドジョウとウグイがいました。(1999年8月23日) 
  
    継続して調査を行いました。

               


調査日:2000年7月22日


調査日:2000年10月12,13日


調査日:2001年6月21日

魚道の維持管理
設置後、月1回巡視し、魚道を点検するほか、ゴミを取り除くなどの維持管理を行っています。

上流側の改善

           

新たに設置された魚道によって魚が遡上できるようになりました。
そこで、次は、魚が遡上してくる魚道上流側の環境を改善しました。